柴田オレ竜くまちゃんのお気に入り動画

ギャルランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ヤマハ
2.西沢広香
3.ガン×ソード
4.BOYS&GIRLS
5.変人
6.ポータブル・ロック
7.みちよ
8.ヒサクニヒコ
9.JILL STUART
10.Su-27

アニメ動画ランキング
暁星記(7) (モーニングKC) 壮大なSFストーリーの第七巻

やっとここまでたどり着いたのであるが
後一冊で完結できるのか?
というぐらいにまだまだ混乱しています。

ただ、表紙にもあるこの巨大なロボとの対決
(こんなことになるとは1巻の時には露とも思わなかった。)
の結果により、他への影響も大きくあるのであろうことは予想がつきます。

スプリガンのようなナイフでどうやって立ち向かうのか?
どういった終焉を迎えるのか

リング Hi-Bit Edition [DVD]  本作は冒頭でネタばらしをしている。松島奈々子が女子高生にインタビューすると、「見たら死ぬビデオがある」「一週間以内に他人に見せないと死ぬ」言う。もうそのままじゃないか、主人公はあたふたしてないで、その通りにすればいいんだ。鈴木光司のあの恐るべき原作小説は映画化によって女子高生の噂に堕してしまった。
 そういう意味で、私はこの作品、根本的に駄作だと思う。脚本がバカなのだ。呪いのビデオもちっとも怖くない。
 ただし、ホラーというジャンルを一般に認知させた功績、貞子が井戸から出てテレビから出てくる有名なシーンの怖さ(それ以外に怖いところ無いけど)、続くリングシリーズ(リング2,0)に比べるとずいぶんマシということを考えると、星三つを上げてもいい...かな?

ビッグ・マグナム 黒岩先生 [DVD]  横山やすしが拳銃所持を許可された教師に扮して暴力学園に立ち向かう学園ものですが、暴力には暴力を、というタカ派的路線でもなく、管理教育批判でもありません。教育的にどの立場にも立ってません。むしろ、教育現場をあくまでもお笑いの材料として見たナンセンス映画。そこがいいところでも悪いところでもあります。
 生徒の暴力も、レイプも、逃げまどう教師も、銃を撃ちまくる横山やすしも、すべてナンセンス劇の記号でしかないので、ただただ笑えます。陰惨さはまったくありません。
 その分、どの登場人物にも共感できず、何の感動もありません。でも、変な主張をせず、校内暴力問題も東映流に見事に料理しております。
 何せ悪の生徒の親玉はナチスの親衛隊の制服着て、ハーケンクロイツの旗を掲げて出てきますし、西川のりおはあり得ない量の放尿。噴水のごとく噴出して虹も出ます。
 横山やすしは銃は撃っても一人も殺しません。なのに相手は「今回はオレの負けだ」と勝手に負けを認めてくれます。ここがまた不思議なケンカのルールで、どうも腑に落ちないところです。銃は使っても、レイプしても、あくまでもケンカ。暗黙のルールは破られません。殺人が起こってしまっては、「お笑いの材料」とならないからでしょうけど、もうこの際、大量殺人も全部お笑いで描いてくれたら、もっとすごい映画になっていたと思います。
 ラスト、スーツ姿の横山やすしが棺おけに入れられて埋められた後、何の説明もなく墓が爆発し、バトルスーツ姿になって登場します。ここのナンセンスな感覚は最高です。あややの「スケバン刑事」で最後にバトルスーツになるのは、この映画でも守られている東映の伝統なんですね。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク
today:004 yesterday:008
TOTAL:15062